So-net無料ブログ作成

地位保全申請を却下 富士通元社長側抗告(産経新聞)

 「うその理由で辞任を強要された」として富士通の社長辞任の取り消しを求めている野副州旦(くにあき)氏が、代表取締役としての地位保全を求めていた仮処分申請で、横浜地裁川崎支部は14日、却下の決定をした。野副氏側は同日、即時抗告を申し立てた。

 野副氏側はこれまで「虚偽の断定をした富士通役員の詐欺、または脅迫によるものなので辞任は無効」と主張。野副氏側によると、横浜地裁川崎支部は却下の理由で「富士通の役員が(野副氏と付き合いのあるファンド関係者が暴力団と関係があると)断定的な発言をしたとは認めがたい。詐欺の事実は認められない」とした。

 決定を受け、野副氏側は「録音記録などの客観的証拠に反するもので承服しがたい」としている。

【関連記事】
大企業のトップ解任劇 バランス感覚に疑問符
富士通が法廷戦略で墓穴?“辞任劇”テープ提出が裏目?
富士通元社長辞任騒動 底なし沼の様相
「自白することない」 はめられたの問いに「分からない」 富士通元社長が会見
「上場廃止も」「倒産してしまう」辞任迫る秋草氏ら 富士通元社長解任劇
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

民主新執行部 党運営刷新で「脱小沢」アピール(産経新聞)
小惑星探査機 「はやぶさ」最後の軌道修正に成功(毎日新聞)
地域と交流 広がる「声の学校」 夫婦ユニットJ&O 27日 大阪でライブ(産経新聞)
ネット選挙見送り 郵政法案など廃案に(産経新聞)
<口蹄疫>コブクロの小渕さん、今井美樹さんらと宮崎応援歌(毎日新聞)

「安平」の孫が鳥取にいた!要望あれば提供へ(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、農林水産省と独立行政法人・家畜改良センター(福島県)は、同県のブランド種牛を絶やさないため、同センター鳥取牧場(鳥取県琴浦町)など2か所で飼育している種牛候補の宮崎系子牛8頭を、同県の要望があれば提供することを決めた。

 7頭は鳥取牧場で飼育中で、うち4頭は、殺処分対象となった伝説的な種牛「安平(やすひら)」の孫にあたる。

 種牛候補の改良を担っている鳥取牧場では、生まれた雄の子牛が1歳2か月を過ぎると入札にかけ、全国の家畜改良事業団などを通じて畜産農家に貸し付けている。現在、種牛候補の子牛は20頭おり、宮崎系の1頭を含む11頭を6月下旬に入札にかける予定だった。

 しかし、宮崎県では種牛55頭のうち、安平を含む49頭が殺処分の対象に。残る主力級6頭は、移動制限区域外へ避難していたが、うち1頭が感染し、残る5頭も経過観察中だ。

 全国屈指の和牛子牛の供給元で種牛が枯渇する恐れがあるとして、同センターは、鳥取牧場の宮崎系の入札を当面は見送り、貸し付けや譲渡の要請に備えることにした。

 同センターが飼育中の安平の血を引く子牛は、鳥取牧場以外では宮崎牧場(宮崎県小林市)に1頭いるだけという。

 同牧場の菊池工・種畜課長補佐は「種牛を一から育てるには6〜7年かかる。宮崎系の優秀な血を持っている種牛候補の提供で復興を支えたい」と話している。

思い出をどのような形で残していますか?(Business Media 誠)
「辺野古」明記見送り要望 民主沖縄県連(産経新聞)
ゲームでウイルス拡散→名前暴露→削除料要求(読売新聞)
覚せい剤容疑で医師を逮捕=兵庫県警(時事通信)
<訃報>石井裕正さん72歳=慶応大名誉教授(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。