So-net無料ブログ作成
検索選択

「安平」の孫が鳥取にいた!要望あれば提供へ(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、農林水産省と独立行政法人・家畜改良センター(福島県)は、同県のブランド種牛を絶やさないため、同センター鳥取牧場(鳥取県琴浦町)など2か所で飼育している種牛候補の宮崎系子牛8頭を、同県の要望があれば提供することを決めた。

 7頭は鳥取牧場で飼育中で、うち4頭は、殺処分対象となった伝説的な種牛「安平(やすひら)」の孫にあたる。

 種牛候補の改良を担っている鳥取牧場では、生まれた雄の子牛が1歳2か月を過ぎると入札にかけ、全国の家畜改良事業団などを通じて畜産農家に貸し付けている。現在、種牛候補の子牛は20頭おり、宮崎系の1頭を含む11頭を6月下旬に入札にかける予定だった。

 しかし、宮崎県では種牛55頭のうち、安平を含む49頭が殺処分の対象に。残る主力級6頭は、移動制限区域外へ避難していたが、うち1頭が感染し、残る5頭も経過観察中だ。

 全国屈指の和牛子牛の供給元で種牛が枯渇する恐れがあるとして、同センターは、鳥取牧場の宮崎系の入札を当面は見送り、貸し付けや譲渡の要請に備えることにした。

 同センターが飼育中の安平の血を引く子牛は、鳥取牧場以外では宮崎牧場(宮崎県小林市)に1頭いるだけという。

 同牧場の菊池工・種畜課長補佐は「種牛を一から育てるには6〜7年かかる。宮崎系の優秀な血を持っている種牛候補の提供で復興を支えたい」と話している。

思い出をどのような形で残していますか?(Business Media 誠)
「辺野古」明記見送り要望 民主沖縄県連(産経新聞)
ゲームでウイルス拡散→名前暴露→削除料要求(読売新聞)
覚せい剤容疑で医師を逮捕=兵庫県警(時事通信)
<訃報>石井裕正さん72歳=慶応大名誉教授(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。