So-net無料ブログ作成
検索選択

介護支援ボランティア制度開始、県内初―福岡県篠栗町(医療介護CBニュース)

 福岡県篠栗町はこのほど、「介護支援ボランティア制度」を開始した。同町によると、県内で初めての試み。高齢者の介護予防を目指した取り組みで、年間70人以上の利用を見込む。

 同制度は、65歳以上のボランティアが、町内の老人ホームなどに入所している高齢者とコミュニケーションを図ったり、レクリエーション活動をしたりするもの。現時点で町内の老人ホーム11施設や一部の公共施設などが対象施設となっている。
 ボランティアには現金と交換できるポイントが付与される。1ポイント当たり100円で、1日の上限が2ポイント、年間の上限が50ポイント。

 東京都稲城市が全国で初めて同制度を開始した。篠栗町では、町内のボランティア活動家らの要望を受けて、同制度を運用している佐賀唐津市などを視察して導入を決めた。

 同町によると、「元気な高齢者が増えることで介護予防事業につながる。既に32人の利用申し込みがあり、年間70人を超える見通し」という。


【関連記事】
介護保険施設などの実地指導マニュアルを改訂―厚労省
「高齢起業」を市が支援、地域基盤を強化―東京・八王子
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長
介護保険の抜本改革に向け12の政策提言―公明
介護施設整備に民間事業者の活用を

<蛇笏賞>眞鍋呉夫さんの句集「月魄」に決まる(毎日新聞)
介護職員処遇改善交付金の恒久化を−連合会長(医療介護CBニュース)
田辺三菱製薬を業務停止=子会社の試験データ改ざん問題−厚労省(時事通信)
田辺三菱子会社のデータ改ざん、「看過できない重大な不正行為」―日薬(医療介護CBニュース)
水戸の川端康成展に岡本かの子の未公開書簡 整理ごとに発見 文豪の親交に光(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。